HOME > 救命救急センターのご案内 > 救命救急センター概要

救命救急センターのご案内

救命救急センター概要

 本院での救急診療は佐賀医科大学開設とともに準備され、1985年に救急部が発足しました。
 そして、1996年4月に全国立大学で10番目となる救急医学講座が開講されました。
 さらに、2005年9月に厚生労働省から佐賀県内で2番目の救命救急センターとして指定を受け、2006年には危機管理医学(非常災害医療学)講座が、2013年には先進外傷治療学講座が併設され現在に至っています。
 現在、通年終日体制(24時間365日)による積極的な救急患者受入れを行っています。


取り扱っている主な疾患等

 救急医療とは、救急部が、病院の1部門として独立して行い得るものではありません。医療機関として多くのリソースを投入して初めて可能になるものです。
 救急部は各部署の協力体制の中でその核となり、救急初期診療からアドバンスドトリアージ、各専門治療への調整を行います。
 多発外傷や重症熱傷、急性中毒、各専門家の領域を越えた急性期病態等の入院加療も主治医として行います。

 佐賀広域消防局との試行的事業としていわゆるワークステーション式ドクターカーを行っており、ドクターヘリコプターの基地病院としても地域医療に貢献しています。
 また、佐賀県メディカルコントロール検証委員会の事務局も兼ねており、地域の救急搬送プロトコールにも深く関与しています。

 災害発生時現場ではDMAT (Disaster Medical Assistance Team)として活動します。先の熊本地震の際にも、地震発生直後から現場への医師・看護師・ロジの派遣や、災害対策本部への出向など積極的な活動を行いました。


特色

 当院では北米型救急医療いわゆるER(emergency room)型をその大きな特徴としてきました。
 そもそも日本の救急医療システムは、1970年代の交通戦争のあおりを受け、重症患者(三次救急患者※)の対応に重点が置かれ、全国各地に三次救急対応を目的とした救命救急センターが設置されてきました。
 しかし、三次救急患者以外の一次・二次救急患者の対応は遅れ、救急専属医ではない各診療科の当直医がその患者の対応を行っている状況でした。

 当院では、いち早くこの問題点に取り組み、重症患者のみならず、ほぼ全科の患者に対し救急専属医による、より専門的な診断・初期治療を24時間対応で行ってきました。 現在は、救急車対応および外傷患者を中心に診療を行っており、walk in患者の初療は総合診療部の協力を得て診療を行っています。
 また、ER対応に留まらず、救急科としての入院管理に関しても並行して行ってきました。 H17年より30床の救命救急センター (ECU:Emergency Care Unit)が整備され、H23年度からは、ワークステーション方式のドクターカー運用を開始し、主に外傷・中毒・敗血症・全身熱傷・蘇生後症例等に対しては、初療から退院までの管理を一貫して行っています。

※一次救急(入院を必要としない)、二次救急(入院を必要とする)、三次救急(緊急手術や集中治療管理が必要)


認定学会

日本救急医学会
日本臨床救急医学会
日本集中治療医学会
日本腹部救急医学会
日本内科学会
日本麻酔科学会
日本外傷学会
日本外科学会
日本臨床外科学会
日本集団災害医学会
日本航空医療学会
日本高気圧環境・ 潜水医学会
日本臨床高気圧酸素・潜水医学会
日本急性血液浄化学会
日本アフェレシス学会
日本Acute Care Surgery学会
病院前救急診療研究会  他


認定指導医